Gadget,  感想、評価

ANKER Power Core+ 26800 PD 45W 購入してみました!

Anker とは?

中国広東省のAnker Innovations Technology Limited(2013年に日本法人アンカー・ジャパン株式会社が設立)のことでモバイルバッテリーや充電器などを取り扱う企業。公式サイトや各種通販サイトでの販売は勿論、国内に実店舗を構えておりAppleや任天堂の公式アクセサリーとして認められたモバイルバッテリー界の超有名ブランドであります(Wikipedia)。

AnkerはモバイルバッテリーやUSB充電器以外にもスピーカーやイヤホン、カーアクセサリーなど多くのガジェットを取り扱っており国内でもファンの多いブランドなのではないでしょうか。

PowerCoreのラインナップ

Ankerといえばモバイルバッテリー、モバイルバッテリーといえばAnkerと言われる(?)くらいモバイルバッテリーメーカーとしての印象が強いのですが、それを裏付けるかのようにAnkerのモバイルバッテリーには沢山のラインナップがあります。

持ち運びやすい5000mAhクラスから20000mAh以上の超大容量バッテリーや、USB PDに対応したもの、さらにはケーブルや充電器がセットになったものまで様々なニーズに対応したものを幅広く取り揃えているので、興味があれば是非公式サイトを見てほしい。

PowerCore+26800 PD 45Wについて

わたしが今回購入したPowerCore+26800 PD 45Wはモバイルバッテリー、PD充電器、typeC USBケーブルが全て入ったセット品となっています。私自身、ちょうど充電器も探していたためこのセットを見てすぐにポチしました。

勿論Ankerはちゃんとした(?)ブランドなので、レビュー欄がおかしな日本語で埋め尽くされている、なんてこともありません(笑)

以下セット内容です。

  • PowerCore+26800 PD(最大45WのPD出力対応モバイルバッテリー)
  • PowerPort Atom III 60W(最大60WのPD出力対応のAC充電器)
  • USB-C&USB-Cケーブル(USB PD対応)
  • トラベルポーチ(おまけ、100均で売ってそうなクオリティ)
  • 取扱説明書(レビューにもあるがなんか分かりづらい)
  • 18ヶ月保証(正規販売店からの注文限)

となっています。

※過去モデルに似たようなモデルがあるためご注意ください。(具体的にはPowerCore、充電器共に最大出力が30Wのものがセットになっている)

20000mAhクラスのモバイルバッテリーは単品でも下手すれば1万円以上しますし、USB PDに対応していないものやPD出力が低いものも多いです。

なのでこのセットは充電器等も含め一式揃えたい方にはかなりオススメできると思います。

PowerCore+26800(モバイルバッテリー)の詳細

充電中はインジケータランプがくるくると動き、どのくらい充電が進んだかを確認することができます。

サイズ約180 x 80 x 24 mm
重量約580g
容量26800mAh 3.63V /97.28Wh
PD入力5V=3A、9V=3A、15V=3A、20V=2.25A
PD出力5V=3A、9V=3A、15V=3A、20V=2.25A
USB-A出力5V=3A(各ポート2.4A)

さすがに大容量なだけありサイズ重量共にモバイルとは言い難いが、長期の海外旅行などでも活躍が期待できます。

容量もギリギリ100Wh以下のため殆どの航空会社で制限無く機内に持ち込むことが可能です。(ご自身でよく確認の上自己責任で持ち込んで下さい。また、スーツケースに入れるなどして預けることは原則禁止されています。)

PowerPort Atom III(充電器)の詳細

サイズ約61 x 58 x 28.5 mm
重量約132g
入力100-240V 1.8A 50-60Hz
PD出力5V=2.4A、9V=3A、15V=3A、20V=3A

折りたたみ式プラグ採用の最大60W出力のUSB typeCポートを一つ搭載したシンプルな小型充電器です。

最大60Wの高出力によりPowerCore+26800を約3時間半で満充電可能とのことです。

60Wもあれば当然モバイルバッテリー以外にもノートPCなど多くのPD給電に対応したものが給電可能です。(欲を言えばAポートでもいいのでもう一つポートがあると良かった)

実際に使ってみた!

とりあえず手持ちにPD給電に対応しているものがノートPC(LG gram)しかないので(これのために買ったようなもの)充電してみた。

公式サイトの対応機器にはLG gram(z990)は記載されていなかったが問題なく充電できました。

また、PowerPort Atom III(充電器)での直接充電も問題なく行うことができましたが、60Wでの充電にはならず40~42W止まりとなりました。これは恐らくLG gramのACアダプタの出力が約48Wであることから、60Wでの給電にはPC側が対応していないということなのでしょう。

ついでにPD非対応のスマホやワイヤレスイヤホンもモバイルバッテリーから充電してみましたが、これも特に問題ありませんでした。

それと一部のレビューにあるコネクタ不良などですが、わたしが購入したもは問題ありませんでした。気になるとすればインジケーター部のボタン(押すとバッテリー残量に応じてLEDが点灯する)が少しカタカタするくらいでしょうか(不具合とまでは言えないレベルだと思いますが)。

まとめ

いかがだったでしょうか。モバイルバッテリーは種類も多く、迷ってしまいますよね。通販サイトなどでは異常に安いものも沢山ありますが、その多くが容量詐欺だと言われています(10000mAhを謳っていながら実際には6000mAhしかないなど)。これらの容量詐欺をごく普通のユーザーが見抜くことは困難なため、信頼のあるメーカーのものを購入することを強くお勧めします。レビューをサクラチェッカーに通してみるのも大切です。

あとは容量など自分の用途にあったものを購入することが大事ですね。大きすぎると普段の持ち運びには不便ですししっかりとバランスを考えて、良いガジェットライフが送りましょう!

2件のコメント

  • Justin

    Long time supporter, and thought I’d drop a comment.

    Your wordpress site is very sleek – hope you don’t mind
    me asking what theme you’re using? (and don’t mind if I steal it?
    :P)

    I just launched my site –also built in wordpress like yours– but the theme slows (!) the site down quite a bit.

    In case you have a minute, you can find it by searching for “royal cbd” on Google (would appreciate any feedback) – it’s still in the works.

    Keep up the good work– and hope you all take care of yourself during the coronavirus scare!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です